WM(わたしムーヴ)

4-1-②. 自動モード切替について

WM(わたしムーヴ)アプリで「自動モード」をONにし、「睡眠時間」を設定すると、ムーヴバンドが体の動きを検知して、自動で「活動モード」⇔「睡眠モード」に切り替わります。
アプリで設定した睡眠時間の中で、「活動モード」から「睡眠モード」への切り替え判定をおこないます。それとは異なり、「睡眠モード」から「活動モード」への切り替えは、設定した「睡眠時間」に関係なく24時間いつでも判定をおこないます。
よって、眠りに就く時間を「睡眠時間」に設定すべきように見えますが、「睡眠モード」中に、トイレによる起床など一定の活動があると、「活動モード」へ切り替わるため、再度眠りに就いた際に「睡眠モード」に切り替わるよう、日常的に寝床に入ってから起床するまでの時間を「睡眠時間」として設定してください。

【設定例】

日常的に 23 時~ 24 時の間に眠りに就き、7 時頃に起床する人の場合
→「睡眠時間」を「23時 〜 7時」に設定してください



重要

実際に眠っていなくても、設定した「睡眠時間」の中で一定時間ムーヴバンドが静止状態にあると睡眠モードへ切り替わってしまう(睡眠時間として計測されてしまう)ことがありますので、ご注意ください。
【例】手首から外し机に置いたままにした



その他の注意事項

実際には起床していても起床を判定している時間帯(約20分)はディスプレイが「睡眠モード」表示のままとなっている場合がありますが、起床時間は遡って計測されます。しかしながら、判定中は歩数が計測されません。



< 前へ
[計測する(モード切替)]
次へ >
[正しく計測できない使いかた]


目次へ戻る